薄毛で悩んでいる女性を助ける|女性育毛剤で自慢の髪を取り戻す

男の人

高齢になると目立つ

髪の毛を触るウーマン

男性型の脱毛症も

女性の場合男性と違い前頭部や額の角が後退するのではなく、頭頂部が薄くなるのが特徴になっています。加齢によって体力が落ちてくるとともに髪の毛が細くなって薄毛になってしまいます。髪の毛がだんだんと細くなってきますが、それに男性型の脱毛症が重なって薄毛の悩みを強くしています。男性型の脱毛症が進んでしまうと、毛乳頭は委縮して発毛の機能が失われるため髪の毛が再び生えてくることはありません。ですから症状が進んでしまってからでは手の施しようがありません。早め早めのケアが必要になってきます。女性でも加齢による薄毛に男性型の脱毛症が重なった時には、もっとも大切になってくるのケアがシャンプーになります。そして育毛剤やマッサージなどで血液の循環を良くすることも大切なことになってきます。

ホルモンの弱まり

女性にみられる男性型の脱毛症は、卵巣や副腎で作られている男性ホルモンの影響で起こってきます。若いうちは女性ホルモンが圧倒的に多く、それが男性ホルモンの働きを弱めています。しかし、閉経して女性ホルモンの分泌が減少してくると、男性ホルモンの働きを抑えきれなくなり、男性型の脱毛症が表れてきてしまいます。若いころにすでに薄毛などの症状が出ていても、一般的には高齢になってから気が付くことが多くなっています。新しく髪の細胞が作られるサイクルは一生続いていきますが、その働きが悪くなってくると髪の毛が抜けやすくなり、髪の毛が成長せず結果的には薄毛になってしまいます。髪の生え際や頭頂部が薄くなったり、抜け毛が多くなったという悩みを訴える女性が多くなってきています。